渡航経験豊富なエキスパートスタッフが素敵な旅をご案内!旅の不自由な部分を自由に変え、お客様に最適なご提案を致します。

Local information 現地情報

おうちで本格ミーゴレンの作り方

ミーゴレンとは

ナシ・ゴレン(炒飯)とともにインドネシアを代表する料理であるミー・ゴレンは、レストランはもちろんのこと、ワルン(食堂)や屋台などどこでも食べられる焼きそば。一口に焼きそばといってもそのバリエーションは幅広く、唐辛子たっぷりのスパイシーなものからさっぱり塩味のものまで、店ごとに独自の味を作り出しています。ここでは、スーパーなどで簡単に買えるインスタント調味料を使い、日本でも気軽に作れるレシピをご紹介。

材料

【材料(2人前)】
●ブンブ・ミー・ゴレン(インスタントペースト)・・・1袋 ●鶏もも肉・・・100g ●にんじん・・・中1/2本 ●青菜・・・1把 ●キャベツ・・・100g ●トマト・・・1個 ●卵・・・2個 ●焼きそば用乾麺・・・200g ●バワン・ゴレン・・・適宜 ●塩、コショウ・・・適宜
※バワン・ゴレンはインドネシアの赤小玉ねぎスライスをカリカリに揚げたもの。 フライドシャロットで代用可能。 ※焼きそば用の生麺を使う場合は1人あたり250g見当で。
ミー・ゴレンのインスタントペースト(ブンブ)は複数のメーカーから発売されており、どこのスーパーでも簡単に買えます。

作り方

①:鶏肉は筋や余分な脂肪を取り除いてから食べやすい大きさに切る。 にんじん、青菜、キャベツは少し大きめのザク切りにしてボウルにあけておく。 ★使う具は豚肉やベーコンでも美味しいです!ピーマンやもやしなど野菜をたっぷり入れて作ればボリューム満点のヘルシー焼きそばに…
②:フライパンに油(分量外)を熱し、強火で「1」の具を炒める。具に火が通ったらインスタントペーストを加えて、味がなじむまでさらに炒める。
③:沸騰した鍋に麺を入れ、少し固めになるように茹でる。生麺を使う場合は、鍋に入れる前にほぐしておくと楽。茹であがったら麺がくっつかないように少量の油をからませておく。
④:②に③を加え、麺と具がよくからまるように炒める。出来上がったら皿に盛り、最後に半熟の目玉焼きを乗せれば完成。好みでフライドシャロットを散らしても美味しい。

ちょっとアレンジ

【わかめ入りカリカリお焼き】 具を入れないで作ったミー・ゴレンに戻したワカメ、すりゴマ、溶き卵を合わせ混ぜ、 テフロン加工のフライパンでカリカリのきつね色になるまで焼く。 食べやすい大きさに切り分けたら熱々をポン酢などでどうぞ。