渡航経験豊富なエキスパートスタッフが素敵な旅をご案内!旅の不自由な部分を自由に変え、お客様に最適なご提案を致します。

Local information 現地情報

出発前の準備

パスポート

日本国籍の場合、バリ島(インドネシア)入国時に、パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上及び、査証欄の空白ページが連続して3ページ以上あるパスポートが必要となります。また、パスポートはお客様の責任で管理していただきます。万が一、バリ島ご滞在中にパスポートを紛失されると日本へ帰国する為の渡航書の発行が必要です。念の為、パスポートのコピーを持参されることをおすすめします。

現地持ち込み免税範囲

出発前に持ち込み免税範囲も確認しておきましょう。※2016年12月現在

酒類 一人1リットル(21歳以上)
タバコ 紙巻タバコ200本(1カートン)、または葉巻25本、刻みタバコ100g(21歳以上)

入国手順

2015年6月12日より、日本を含む30ヶ国からの観光客に対し、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、ビザ取得が免除されることとなりました。

機内:税関申告書記入

機内にて配布される税関申告書をご記入の上、お持ちください。

到着後:入国審査&入国

入国審査カウンターにてパスポートを提示します。旅行目的や滞在日数を質問される場合がります。

※通常、入国審査の際には、パスポートに入国スタンプが押されますが、入国スタンプが押されていない場合があり、出国の際にトラブルが発生するケースがあります。スタンプがちゃんと押されているかその場で必ず確認しましょう!

到着ビザ取得&入国審査終了後

荷物の受け取り

入国審査場を出て、機内手荷物のX線検査を受けた後、て荷物受取所(ターンテービル)があります。ご利用便の表示があるターンテービルもしくは、その側に並べてある荷物からご自分の荷物をお引き取りください。荷物が見つからなければ、航空券に貼ってあるクレームタグを係員に提示しその旨を伝え、紛失証明書をもらいます。また、受け取った荷物に破損が無いかも確認してください。

税関審査

税関審査は申告品のある課税か申告品のない免税(Goods Not To Declare)かによって審査代が分かれ、申告するものが無い場合でも税関申告書を係員に提出します。

到着ロビー

建物出口から出ると、正面にたくさんのお迎えの人たちが待っていますが、左手に進み、ショッピングアーケード内の通路を通り抜けたところが到着ロビーとなります。H.I.S.のパッケージツアーをご利用の場合は、H.I.S.のガイドが到着ロビーでお待ちしています。

悪質ポーターにご注意!

バリ到着時、空港内ポーターが旅行会社の名を名乗ったり、バッジを付けたりして荷物を運び、法外なチップを要求するトラブルが発生しています。担当ガイドは空港外の到着ロビーにてお客様をお待ちしていますのでご注意ください。

出国の手順

出発フライトの2時間前までには空港へ到着するようにしましょう。

空港到着

出国(帰国)の際は、空港の3階へ

到着後、そのまま空港内へ入り、案内板に従って出発ゲート(Departure Gates)へ向かいます。
※セキュリティの為、Eチケットレシートを提示する必要があります。

空港建物内に入り、荷物のX線検査とボディチェックを受けます。

チェックイン(登場手続き)

その後チェックインカウンターへ行き、パスポートと航空券を提示し、荷物を預け、搭乗券・クレームタグ(荷物引換証)を受け取ります。

出国審査

出国審査カウンターにて、パスポートと搭乗券を提示して出国審査を受けます。パスポートに出国スタンプが押されます。

出発ロビー

搭乗券に記載されている番号の搭乗ゲートへ搭乗開始時間までに行きましょう。

搭乗ゲート

搭乗ゲートのロビーに入る前に搭乗券を提示し、手荷物のX線検査とボディチェックを受けます。

搭乗

※2016年12月現在の情報です。 内容は予告なく変更となる場合がありますのでご了承ください。