渡航経験豊富なエキスパートスタッフが素敵な旅をご案内!旅の不自由な部分を自由に変え、お客様に最適なご提案を致します。

【このイベントは終了しました】 ベッキー癒やしの楽園バリ島へ ~ H.I.S. SUPER SUMMER SALE バリ島イベント ~ ベッキーが泊まったアヤナリゾートが当たるかも♡ 2017年5月27日土 14:00〜15:00 ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場

バリ島送客No.1(※1)のH.I.S.が
5/27(土)から発売を開始する
SUPER SUMMER SALEに併せて
バリ島イベントを行います!

今回のゲスト、ベッキーはH.I.S.が本の制作を企画・監修したバリ島の魅力溢れる「sweet特別編集 sweet BALI(5月27日発売)」(宝島社)にも登場。
初めて訪れたバリ島で心身ともに癒されたベッキーが、この本の撮影秘話やバリ島で感じた魅力を教えちゃいます!
イベントではバリ島屈指の楽団『ティルタサリ』によるバリ舞踊(レゴンダンス)やベッキーも泊まったラグジュアリーリゾート『アヤナリゾート &スパ バリ 宿泊 直行便利用3泊5日間 バリ島ペア旅行 』が当たる 豪華抽選会もご用意しています!

(※1)2016年5月トランスコスモス・アナリティクス株式会社調べ。
webアンケート調査結果「バリ島旅行時に利用した旅行代理店の調査」

タイトル:
sweet特別編集 sweet BALI
出版社:宝島社
定価:¥1,200(税別)
発売日:2017年5月27日(土)

【日時】

日時:5月27日(土)
時間:14:00~15:00(抽選券配布11:00~)

【登壇者】

ベッキー様(ゲスト)
ティルタ・サリ楽団(ダンスパフォーマンス)
ユリアティ様(ダンスパフォーマンス)
アユ様(ダンスパフォーマンス)
ウロツテノヤ子(演奏)

【タイムテーブル】

11:00 抽選券配布開始
14:00 ティルタ・サリ楽団によるレゴン舞踊
14:08 オープニング挨拶・諸案内など
14:10 トークショー(ベッキー登壇)
14:30 ティルタ・サリ楽団によるレゴン舞踊
14:45 トークショー(ベッキー登壇)
14:50 抽選会
15:00 終了の挨拶

※時間、スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。

【開催場所】

場所:ラゾーナ川崎 プラザ2F ルーファ広場
HP:http://www.lazona-kawasaki.com/

【主催】

株式会社エイチ・アイ・エス

【協賛】

アヤナリゾート&スパバリ
リンバ ジンバラン バリ by アヤナ
フォーシーズンズリゾート アット サヤン

【協力】

宝島社
小谷野 哲郎氏

【抽選会について】

イベント当日にラゾーナ川崎でお買い物したレシート1枚 5,000円(税込・合算可)以上につき1枚、抽選会の抽選券を配布します。抽選はイベント中に壇上で行います。

※抽選券は先着300名様となります。(無くなり次第終了)

タイトル:sweet特別編集 sweet BALI
出版社:宝島社
定価:¥1,200(税別)
発売日:2017年5月27日(土)

ティルタ・サリ楽団

ティルタ・サリ楽団

ティルタ・サリ楽団は1978年、バリ伝統芸能界20世紀最高の演出家と謳われた晩年のアナック・アグン・グ デ・マンデラ(グンカ・マンデラ)翁によって設立された。当時廃れかけていた古典的な「愛の神」のガム ラン、スマル・プグリンガンを復活させ、プリアタン村に伝わる古典的レゴン舞踊と共に、一躍世界的な人気を 博すようになり、日本や欧米などへの海外公演も多くこなしてきた、本物の伝統を受け継いでいるバリ でも数少ない楽団だ。

ウロツテノヤ子

ウロツテノヤ子

バリ舞踊家 小谷野哲郎の呼びかけにより結成された、日本屈指のバリガムラン芸能集団。「バリそのもの」と定評のあるバリの古典音楽や舞踊はもとより、日本人としての感性でガムラン音楽の新境地を開き、民族音楽という枠組みを超えて活動を展開している。国内外様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションやバリの現代影絵を基にした影絵の制作も手がけ、舞踊、音楽、芝居、影絵といった様々なバリの伝統芸能を基に総合的な舞台を組み立てている。

【このイベントは終了しました】
バリ舞踊イベント開催決定!!

【日時・場所】

■ 日付:2017年5月28日(日曜日)
■ 時間:12:00~14:30
■ 場所:H.I.S.新宿本社営業所 1階入り口スペース
■ HP:http://shinjuku.his-j.com/honsya

【演目スケジュール】

12:00〜 クリンチ(Kelinci)

兎が戯れ遊んでいる様子を描いた舞踊。シンガパドゥ村の有名舞踊家/振付師であるニョマン・チュリタ氏による創作で、子どもたちが兎の衣装をつけ駆け回る様子は愛らしく、人気の高い演目である。

13:00〜 オレッグ・タムリリンガン(Oleg Tamblilingan)

蜜蜂の求愛を描いた舞踊。1954年にプリアタン村舞踊団が欧米公演をする際、それまでにバリ舞踊の演目にはなかった男女の舞として創作され、今ではバリ舞踊を代表する演目としてバリ中の楽団のレパートリーとなっている。

14:00〜 レゴン・ラッサム(Legong Lasem)

バリ舞踊の代名詞とも言える宮廷舞踊レゴンの中でも最もポピュラーな演目。ラッサム王とランケサリ姫の悲劇を描き、最初に登場する侍女チョンドンはバリ舞踊の花形中の花形。

【ダンサー紹介】

■ ユリアティ/Gusti Ayu Sri Yuliati

50年にひとりの天才と言われ、天才舞踊家A.A.バグース氏に直接仕込まれた最後の世代。特にバリ舞踊花形中の花形である、侍女チョンドン役で人気を博し、日本をはじめ海外でも多くのファンを持つ。日本ではNHKのインドネシア語講座の案内役を務めるなど、特に知名度が高く、結婚出産を経て今も現役で舞い続けている。

■ アユ・ガンディーワ/Puts Ayu Ananda Aiswarya

今年9歳になる若き舞踊家。幼少より母ユリアティや叔母たちから手ほどきを受け、一族の期待を一身に背負い、今年侍女チョンドン役としてデビューを果たした。母から受け継いた才能の片鱗を見せる、今後のバリ舞踊界を背負う逸材。

■ アユ・アルタティック/Gusti Ayu Artatik

ユリアティの姉にして、末妹のビダニと共に舞踊家美人三姉妹のひとり。ユリアティほどの派手さはないものの、その穏やかな佇まいでレゴン舞踊の姫役として人気を博し、現在もホテルとレストラン経営のかたわら、現役舞踊家としても活躍を続けている。